猫にそんなこと聞かないで。

発達障害とか精神科医とか猫とか外国とかの話

ネットを捨てよ、木を植えよう

f:id:nkobi1121:20180912113332j:plain

こんにちは、猫pです🐾

 

某Aブログから、はてなブログに引っ越しをして、はや2か月あまりたちました。といっても、休んだりもしたので、記事の総数は40ほどですが。

 

特にはてなブログがどんなところか知らずにやってきたので、最初はいろいろとやり方がわからず、かなりとまどいました。

 

しくみについてはだいぶわかってきました。ここが慣れてくるにつれて、某Aブログとはてなブログとでは、ブロガーさんの特徴も違いがあるもんだなぁと驚きます。

 

某Aブログといっても、私はその中のメンタルヘルスジャンルに属していたので、もしかすると私の感じる特徴は、某Aブログのものというよりは、メンタルヘルスジャンルのものかもしれません。

 

私が感じた違い:

はてなブログアドセンスアフェリエイトが出来るということからか、収益を出すことを目的としたブログが多く、内容もお役立ち情報や時事的なものが多い。ブロガー同士の関係は、ややドライか。

 

某Aブログ(特にメンタルヘルスジャンル)は、日記的側面が大きい。特に普段リアルの友人に言えないような精神科通院について語ることが出来るので、下手すればリアル友人よりもある意味相手を深く知っているということも。ゆえに、ブロガー同士の関係は、非常に密になる。

 

というわけで、おおざっぱにまとめると、友達をつくりたければ某Aブログ、お金を儲けたければはてなブログ、ということになるのですが、私自身は、ここのサイトで金を儲ける意図はいまのところないです。ぶっちゃけ、金には困らないので(といいながら、今貯金はほとんどないけどね)。それに、ただでさえ怠け者で飽き性なので、儲けを意識したとたん、『よいコンテンツを作らなあかん』なんて考えてなんにも書けなくなる。私は誰に相手にされなくても、好きに書きたいのだ。

 

はてなは、かようにクールでドライなサイトですが、いろいろ他のブロガーさんの記事を読むと、このコミュ障な私をしても『うわ~友達になりたい!』と思わせる魅力的なブロガーさんに時折遭遇します。なんというか、切り口が斬新だったり、感性がすごかったり、生き方が面白すぎたり、…普通だと、世界のどこかにそんな魅力的な人がいても出会えないので、そういう人たちと出会えるということがブログの醍醐味だなぁとしみじみ思います。

 

しかし、こちらが『友達になりたい、一度お会いしてみたい』と思ってみても、相手にとって自分が会ってもらえるだけの価値ある人間かと考えると、なかなか難しいものがある。自分がそういった人たちに見合うだけの魅力を身につけなければと思うのだけれど、ではどうしたら魅力って身につくんでしょうかね。だれか教えてください。

 

さて、はてなよりは比較的簡単に、親密な友人関係に発展しやすい某Aブログですが、それも良しあしです。

(私の場合は、職業が医者ということもあってか、ブロガーさんに『先生』と言われたりして、そのためかやや一歩ひいたような関係性になっていることもあります。でも、ブログでは医療行為しないので、別に先生って呼ばなくてもええけどね。)

 

ブログの中であまり親密な土壌が育ち、互いの距離が近くなりすぎると、ブロガーさん同士の間に、束縛や嫉妬や誤解や疑心暗鬼やなんやと、いろいろと関係性を複雑化する要素が出てきて、そこに友人同士を仲たがいさせてやろうとたくらんだりする愉快犯のなりすましなどが暗躍して、しっちゃかめっちゃかになります。

 

これがメンタル系に無縁の、精神的に強い人々なら、『や~めた、あほらし!』といちぬけしたり、静観したりして、自分の精神をさほど動揺させずにいられますが、これがメンタルヘルスジャンルだと、生きるの死ぬのといった大騒ぎに発展します。

 

ふだんのリアルな生活だと、周りはみな仕事だ育児だ勉強だと忙しく、あまり立ち止まって親身になって自分のつぶやきなど聞いてはくれません。でも、ブログだと、優しく聞いてくれる人たちがいます。そうなると、どんなに傷ついても、ブログに戻って来たくなるものです。

 

 

 

でもね…、ここからは君に向けて書くよ。

 

もう、やめよう、同じことのくりかえしは。

君は、あの子が大好き。

でも、あの子は、君の強すぎる想いがつらくなってきて、君から離れるといった。

君もあの子も、心の傷を持つもの同士。

だから、だれよりも分かり合えるところがあったのかもしれない。

でも、分かり合えてしまうことが、しんどくなることもあるんだ。

 

君のかけるどんな優しい言葉も、今のあの子にはつらい。

君もそれはわかってて、でも、あの子を助けたくて、つい見に行ってしまう。つい声をかけてしまう。

 

せつないね。

 

物事は、ちっとも思い通りにいかない。

 

好きな子は、離れて行ってしまう。

大好きな猫は、ちょっとした不注意で会えなくなってしまう。

心を休めても休めても、台風や地震は起こってしまう。

 

泣けてくるね。

 

傷つき傷つけてしまうあの場所から、もう離れよう。

そう思っても、心のコントロールがきかない。

やっぱり、優しいあの子に会いたくなる。

そして、戻ってきては傷つけ傷ついて自己嫌悪。

 

もう、あの場所にもどらないようにしようよ。

この場所は、あの場所に比べるとちょっとクールで寂しいかもしれないけど、

なれるとなかなか、おつなもの。

 

 

ここのブロガーさんが、よいアプリを教えてくれました。

(ごめんなさい、リンク貼らせてもらおうかと思ったけど、どのブロガーさんが教えてくれたのかわかんなくなった。どなたか忘れましたが、ありがとうございます。)

Forest というアプリで、一定時間ネットにつなげないことで、木を育てることができます。

f:id:nkobi1121:20180912124334j:plain

なんと、このゲームで、本物の木も植えることができるみたいです。自分のネット依存も改善でき、かつ、環境保全もできるなんて、すばらしい!

 




昨日さっそくやってみました。

一本の木が育ったよ。

f:id:nkobi1121:20180912114311p:plain 


君もやろうよ。

一緒に木を植えよう。

たくさん木が育つ頃には、君の中で何かが変わっているかもしれないね。

 

最初は短い時間でいいから始めてみよう。

途中でスマホいじってしまったら、木が枯れてしまうみたいだよ。

ほんとは、それをしながら他の端末使ってネットしちゃうこともできるけど、なぜかたかがゲームなのに罪悪感が生じて、意外とネットしないでいられたわ、私。

 

とりあえず、木を育てることができたら、知らせてよ。

たくさんほめるよ。

あの子に会いたくなったら、その気持ちをぐっと飲みこんで、ひたすら木を植えよう。

あの子はきっと、君の努力を心の中でそっと応援してくれると思う。

 

 

なんのこっちゃな内容にて、失礼しました。


ではまた!

 f:id:nkobi1121:20180912113512j:plain