猫にそんなこと聞かないで。

発達障害とか精神科医とか猫とか外国とかの話

新しいアイコンを考えた。

 こんにちは、猫pです。

以前から、オリジナルのアイコンを作りたいなと思っていました。でも、残念ながら私には画才というものがなく、あきらめていたのです。ところが、以前から可愛い絵だな~とファンになっていたねこわめぐすりさんが、ある時期、仕事をしていないので暇があるようなことをブログに書いておられたので、チャンスとばかり打診してみたら、快諾してくださいました!ただ、その時期すでにお仕事を再開されていたので、申し訳なかったなと思います。

しかも彼女は、私の提示した金額を、「プロじゃないから受け取れない!」と固辞なさり、どうにかこうにか、むりやりその10分の1の金額を受け取っていただきました。もう、謙虚過ぎるんだから!!

ねこわめぐすりさん、その節はお忙しい中ありがとうございました。

 

案をたくさん送って下さったのですが、あまりにどれも思った以上の完成度で、「選べん!」。嬉しい悩みです。以下、挙げてみるので、これがいいんじゃない?などと御意見ありましたらお知らせください。

f:id:nkobi1121:20181216140249p:imagef:id:nkobi1121:20181216140254p:imagef:id:nkobi1121:20181216140307p:imagef:id:nkobi1121:20181216140311p:imagef:id:nkobi1121:20181216140320p:imagef:id:nkobi1121:20181216140332p:imagef:id:nkobi1121:20181216140403p:imagef:id:nkobi1121:20181216140351p:imagef:id:nkobi1121:20181216140432p:image

どれもめっちゃかわいくないですか??

アイコン以外にも、ブログ用と仕事用の名刺にも使おう!

とは思ったものの、私の職業ってめったに名刺交換をすることがありません。

せいぜいたまに製薬会社のMRさんからお名刺を頂いたり、医局の忘年会みたいな飲み会で、開業した先生からお名刺頂いたりするけど、忘年会も断捨離してしまったし、名刺を作ったところで、機会がないんだよな~。開業医だったら、名刺交換の機会があるんだけど、勤務医はないんだよ。

 

最近、ある看護師に、「なんでも手伝うので開業してください」と言われ、興味なかったから生返事してたんだけど、「診療所と家を廊下でつないで、猫を自由に行き来させれば、診察の合間に猫と遊べますよ」と言われて、少し心が揺れてる自分がいます。

なんか、ゆる~い診療所みたいなのもええなぁ。のんびりまったり仕事して、猫の外来部長もだらだら仕事してて、治療代払えない人は、治療代代わりに掃除したり花を活けたり、なんかできることして帰ればいいみたいな、そんないいかげんなのって、むずかしいかな? いつか開業することがあれば、その時にもこの絵を使わせて頂きます。

 

とにかく、名刺を作っても、配る機会がないので、今後私と会う方いらっしゃいましたら、ぜひ受け取ってください。

この超絶プリティな猫さんを書かれるねこわめぐすりさんのブログはこちら。絵だけじゃなく、内容も必見。人間関係に関して鋭い視点で書いてらっしゃって、猫pと逆に繊細な感性を持つ素敵なブロガーさんです。

www.nekowamegusuri.com

 

ではまた。